ペナントレースが終わりました。

中日ドラゴンズの公式戦が終了しました。最後いろいろあって何とか3位。他チームが絶不調の時に絶好調で、ぐいぐい2位に躍り出たけれど、先発投手は脅威じゃない顔ぶれだし、ケガ人が続出で得点力が急降下するしで、地力のなさが露呈した終盤でした。

そんな中、黄金時代を支えてくれた吉見投手が引退。最後の投球もセレモニーもとても素敵でした。必ず、いつか必ず、再びドラゴンズのユニフォームを着てほしいです。
それから、大野投手がFA宣言をせずに、早々と残留を決めてくれました。よかったー。やっぱり生え抜きは大事!助っ人外国人は4番だけ、あとは生え抜きでスタメンを固めて欲しいと思っています。

開幕が遅れて11月まで楽しめた今シーズンでした。来シーズンの開幕は3月下旬。あっという間だなぁと楽しみに思っています。

前の記事

名刺を渡しました