「学門は今日から休業します。」

トップページにもありますように、岐阜県の休業要請に従い、学門は今日から5月6日まで休講することに致しました。一夜での急遽の要請に対して、 急遽協議し決断を下しましたので、多くのご家庭にご迷惑とご不便をおかけすることになってしまいました。本当に申し訳ございません。

公教育には及ばなくとも、教育の一端を担う者としてそれなりの使命感と責任感を持ってこれまで過ごしてきましたし、コロナ禍でもその思いで生徒達に 接してきました。休校期間が長くなってから、岐阜市中に感染者が広がり、塾も家族以外の人と接する数少ない機会となっていたと思います。それは危険を 伴ってもいましたが、少しは(勉強時間だけれど)気分転換になっていたはずです。学習指導を通してのつながりしかありませんが、生徒達から その機会を奪ってしまったことは心の底から申し訳なく思います。

そんな中、保護者の方々とのLINEのやり取りでは、これまでの消毒などの感染対策や、授業を続けてきたことへの感謝や労いのお言葉をいただき、 私達の奮闘や葛藤を少し肯定していただけた思いがして、涙が止まりませんでした。
今読み返しても涙がポロポロ…ポロポロ…。しばらく授業がありませんので、私の心の中をお話ししようと思います。(吾子)

前の記事

「透明カーテン」